「君の名は。」英メディア絶賛の理由は? 「ディズニーにはなしえない領域に……」

1: ■忍法帖【Lv=17,メイジキメラ,UJe】 第13艦隊◆IpxlQ2BXrcdb 2016/11/26(土)10:29:05 ID:ZSD
「君の名は。」が、アニメとしては久々の大ヒット作となっている。8月26日の公開から人気は衰えず、
累計興行収入も11月21日時点で189億円を突破し、「もののけ姫」の国内6位(興収193億)の記録に迫る勢いだ
(映画.com)。海外でも続々と公開が始まっており、ストーリー、映像の両面で高く評価されている。

◆海外での上映も多数。中国では異例の扱い
「君の名は。」は、田舎に住む女子高校生の三葉と、東京に住む男子高校生の瀧が
入れ替わってしまうという設定で始まる。
幾度も入れ替わるうちに、お互いが繋がっていたと気づいた瀧は、三葉に逢いに行くことを決心するが、
その先には意外な真実が……という流れで、コメディタッチから驚きの結末に向かう展開となっている。

 日経アジアンレビューによれば、アジアを始め、イギリス、アメリカなど89ヶ国で公開が決定しており、
10月末から上映が始まった台湾では、1998年のホラー「リング」が持つ日本映画の興収記録を上回った。
11月からはタイ、香港でも上映され1週目の興行成績は上々だったらしい。(中略)

◆ユニークなストーリー。自由度の高さに注目
 海外で日本のアニメといえば、宮崎駿監督の「スタジオ・ジブリ」作品が圧倒的人気を誇るが、
英メディアは「ポスト・ジブリ」としては初の大ヒット作だと、作品と新海誠監督を讃えている。
 ガーディアン紙は、「君の名は。」は宮崎作品というよりも、村上春樹氏の小説に似ていると述べる。
男女が入れ替わるというコメディから、予期せぬ方向へストーリーが展開していき、
ネタバレするのでこの先は言えないが、とにかく理論物理学、古い言い伝え、破壊的自然災害、考証、時間との戦い、
ロマンスとほぼすべてのジャンルが一つに織り込まれ、ユニークで感動的かつ壮大なものにブレンドされていると
表現している。
 英ヤフー・ムービーは、「君の名は。」のストーリーは、セクシャリティ、ロマンス、愛、喪失といった
主要テーマを持っており、アニメのなかで最も主題に沿い、実験的で力強いと評価。
家族向けのグローバル・ブランドであるディズニーアニメにはとても取り組めない領域に対応した、
自由度の高い作品であることは明らかだとしている。

◆手書きにこだわらず、斬新な映像
 映像に関しても素晴らしいと評価されており、エコノミスト誌は、新海監督は宮崎監督の模倣者ではなく、
作品冒頭のカメラズーム、きびきびした編集、珍しいアングル、詳細に描かれた風景、
ライティング効果の多様さなどから、オリジナリティの高さは明らかだと述べる。
さらにこれまでの手書きのアニメーション技術とデジタルの融合が、作品に見どころを作り上げていると述べ、
手書きを重んじた宮崎作品との違いも示唆している。
 ガーディアン紙は、「君の名は。」のキャラクターは古典的な手書きに見えるが、
その周りは、3D風景やタイムラプスまで使った、生き生きとした超現実の世界だと説明する。
同紙によれば、新海監督は自分ではあまり絵を描かない。
手書きのイメージをスキャンする場合もいまだにあるが、ほとんどのアニメーションはコンピューターで作られているという。(中略)
「君の名は。」の製作費も、ハリウッドアニメの10分の1ほどだと述べている。

◆ポスト宮崎。アカデミー賞にも近づいた?
 ヤフー・ムービーによれば、現在のアニメ界は、ディズニーやピクサーなどが世界的に支配しており、
その牙城を崩すことができる唯一の人物、 (中略)
多くの海外メディアが、新海監督こそがその穴を埋める人物だと見ており、
「新しい宮崎駿」と呼んでいるのもうなずける。

◎全文は下記からどうぞ(・ω・)ノ
http://blogos.com/article/199563/

引用元: ・【新しい宮崎駿】「君の名は。」、英メディア絶賛の理由は? 「ディズニーにはなしえない領域に……」[H28/11/26]

君の名は。(通常盤)

2: ミリヲタ相模川右岸 2016/11/26(土)10:30:11 ID:4dC
映画fanだが宣伝が怪しいので見に行ってない

15: 名無しさん@おーぷん 2016/11/26(土)11:07:35 ID:NNH
>>2
エンターテイメントとして、面白い映画だよ。
今度の1日は映画の日だし、暇潰しに見に行ったら?

注意:映画を見る前に小説版は見ないこと。強烈なネタバレを食らう

16: ミリヲタ相模川右岸 2016/11/26(土)11:09:16 ID:4dC
>>15
なるほど。
でもマスゴミが異常に持ち上げると、気が進まないんだよなぁ。

3: 名無しさん@おーぷん 2016/11/26(土)10:30:40 ID:xhm
宮崎勤の時代は終わったな

4: 名無しさん@おーぷん 2016/11/26(土)10:32:18 ID:M9Q
話題になってるらしいが見てないので置いてけぼり感
というか最後にちゃんと映画館で映画見たの何年前かな

5: 名無しさん@おーぷん 2016/11/26(土)10:33:14 ID:RmP
「入れ替わり」は多用され過ぎて陳腐を通り越してるんだけどな。
初めて見る人には新鮮なんだろう。

6: ■忍法帖【Lv=1,ダースリカント,kMX】 第13艦隊◆IpxlQ2BXrcdb 2016/11/26(土)10:35:39 ID:muu
おー、見てない人いるんだね(・ω・)ノ

明日観に行く予定でしたが、
スレ立てに専念しますね~~。

7: 名無しさん@おーぷん 2016/11/26(土)10:35:48 ID:qaB
no title

8: 名無しさん@おーぷん 2016/11/26(土)10:40:39 ID:fTH
べた褒めやんか

>>7
www

9: ななしの国からこんにちわ◆ePSYFR8jBw 2016/11/26(土)10:45:17 ID:3uE
宮崎駿は、軍国少年の心を戦後左翼の建前が包んでるところが、なんとも言えず

良かったのに、年を取り過ぎてどんどんパヨク面に落ち込んでるからな。

若い頃は、お前は思想性が足りないからミリオタなんだ、と仲間に言われて、

ぶーたれてたのになw

10: 名無しさん@おーぷん 2016/11/26(土)10:46:21 ID:eed
俺は天邪鬼だから数年後にまだ新海監督の名前が映画界に残って居たら
青霊でも買って見るかもしれない
因みにタイタニックは未だ見たこと無い

12: ミリヲタ相模川右岸 2016/11/26(土)10:51:49 ID:4dC
>>10
ジェームス・キャメロンのタイタニックはスター映画として楽しめる。
https://www.youtube.com/watch?v=EcU0qbV70rU

13: 名無しさん@おーぷん 2016/11/26(土)10:52:02 ID:KbE
正直言ってディズニー映画って面白くないね
特に実写物なんてオープニングだけで展開とエンディングまで思い描けるもの

14: ミリヲタ相模川右岸 2016/11/26(土)10:54:27 ID:4dC
>>13
既にアイディアが尽きてる

17: 名無しさん@おーぷん 2016/11/26(土)12:05:28 ID:VpK
新海のは今まで全部観てきたが君の名だけはpvで観る気ゼロになった
本当に面白くなるのかコレ

18: 名無しさん@おーぷん 2016/11/26(土)12:18:04 ID:uxn
そうそう
マスコミが、これでもかってくらい持ち上げて何かいなだわw
誘われたので観にいったけど、映像は綺麗だったわ
「とりかへばや物語」が原型?
ジェンダーフリー推進の意図からマスゴミが取り上げているのかなw

19: 名無しさん@おーぷん 2016/11/26(土)12:25:45 ID:vPU
ラピュタにもトトロにも飽きているのは確かだから

21: 名無しさん@おーぷん 2016/11/26(土)12:47:13 ID:VdN
ユニークってことはこの手の設定の話を知らないのかな。
このような設定でありがちな展開のわかりやすいストーリーが受けたんだろうな。
80年代映画のような挿入歌の使い方は、今ではかえって新鮮なのかもな。

24: 名無しさん@おーぷん 2016/11/26(土)12:51:12 ID:Lwg
おもしろいの?

25: 名無しさん@おーぷん 2016/11/26(土)12:53:42 ID:I0s
>>24
駄作フリークの俺が観る気起きないから
多分面白いんだと思う

…初デートで北京原人観に行った

27: 名無しさん@おーぷん 2016/11/26(土)13:01:19 ID:VdN
>>25 北京原人は、俺が知る限り映画史上最悪の映画www

29: 名無しさん@おーぷん 2016/11/26(土)13:05:44 ID:BTs
宮崎の自己満足でなく、見るがわを考えてつくっている。

33: 名無しさん@おーぷん 2016/11/26(土)13:13:50 ID:RmP
自分が知ってる入れ替わりものの一番古いのは、小林聡美と尾美としのりの映画「転校生」。
Wikipediaで調べたら、1982年公開で原作は児童文学だそうだね。

小説など含めたらもっと古いの有りそうだ。

34: ミリヲタ相模川右岸 2016/11/26(土)13:15:00 ID:4dC


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

トップへ戻る