【コラム】ディズニーランドのミッキーの顔歴史9選!

永遠の大スター、ミッキーマウス。ディズニーランドやシーに行けば必ず会えるのも魅力の一つです。

ミッキー

アナハイムのディズニーランドが1955年に開園してから、毎日私たちを楽しませてくれています。

そんなミッキーマウスは、顔が何回か変更されています。

また、現在おなじみの顔が、近々変更されるという噂も立っています。

今回は、その変遷を辿っていこうと思います。

1934年:ディズニーランドオープン前

1934年ミッキー

えーと、これは・・・お面を被った人じゃないですか?

1955年~:開園日~オープン当初

オープン日ミッキー

おぞましいです(笑)

今のミッキーとは似ても似つかないです。

というか、中国の偽ミッキーのほうがまだクオリティが高いのでは・・・

オープン当初

子供はトラウマになること間違いなしでしょう。

1959年

1959年ミッキー

少しマシになりましたが、まだまだ不気味です。


1961年

1961年

ようやくキャラクターらしくなってきました!これなら現代にいてもおかしくはない・・・?

しかし、このミッキーには大きな弱点があります。

それは・・・

1962年ミッキー

しぼんじゃう。

1964年

1964年ミッキー

東京ディズニーランドオープン時の見慣れたミッキーとほぼ同じです!

ただし、眼の焦点が合っていません!

1983年:東京ディズニーランドオープン日

1983年ミッキー

東京ディズニーランドオープン!

ミッキーの顔は1964年からほとんど変わっておらず、30年近くもこの顔だったのですね。

1993年~現在:東京ディズニーランド10週年以降

旧ミッキー

お馴染みの顔です。この顔も、すでに24年ですので世界中でかなり浸透していますね。

2016年~:上海ディズニーランドオープン

新ミッキー

上海ディズニーランドがオープンしたときに大きな話題になったことがあります。

そう、ミッキーの顔が違う!

現在のミッキーの顔よりもアニメに近い顔になり、凛々しさを抑えて、可愛らしさが上がりました。

このミッキーの顔が今後の正式なミッキーとなり、世界中のディズニーランドで変更が行われている模様です。

噂では、東京ディズニーリゾートでも来年の夏頃からこの顔に変更されるとか。

番外編:喋るミッキー!?

昨年頃から、ディズニーワールドで喋るミッキーがテストされております。

子どもたちと会話をしているので、間違いなく録音された音声ではなく、実際に生で喋っています。

おそらくはボイスチェンジャーを利用し、タートルトークの技術に近いのではないかと思われます。

今後はグリーディングのミッキーを喋るミッキーとするのか、ただのテストなのか・・・?

東京ディズニーリゾートでも、喋るミッキーが登場したら子どもたちの永遠の思い出になるのではないでしょうか。

トップへ戻る