【ファインディング・ドリー】ナンヨウハギ乱獲で絶滅の危機・・・

本日7月16日にピクサー最新作『ファインディング・ドリー』が公開されました。

前作『ファインディング・ニモ』でカクレクマノミが世界中で大人気になり、映画の内容に反して乱獲されるという皮肉なニュースが話題になりました。

ファインディング・ドリーでの主役は、ナンヨウハギのドリー。

今度は、ナンヨウハギが早くも乱獲されているそうです。

ヤフーニュースの記事⇒http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160623-00000024-flix-movi


カクレクマノミ

ナンヨウハギはカクレクマノミに比べて生体数が少なく、飼育や繁殖も難しいため、多く乱獲されると生体数が激減し、最悪の場合絶滅危惧種となり得るかもしれません。

実際に、ナンヨウハギの保護の声が上がっており、アメリカでは署名活動も始まっているようです。


絶対に飼うなとは言いません。ただし、命を預かること、飼育が難しいことを知ってください。

そもそも水族館に行けば必ず見ることができますし、海に行けば生態系本来の姿を見ることができるかもしれません。

『ファインディング・ニモ』を見た方なら、この問題を危惧できるはずです。

どうか、ファインディング・ニモのテーマとなっていた部分の意識だけでも持っていてほしいものです。

トップへ戻る