今日から開催!東京ディズニーランド・シーの『ディズニー・ハロウィーン2016』仮装の注意点とは?

夏も終わりに近づき、徐々に街中もハロウィンの雰囲気になってきましたね。

本日9月9日から、一足お先に東京ディズニーリゾートでも毎年恒例のハロウィンイベントが開催されます!

ディズニーランドハロウィン

©Disney

ディズニーシーハロウィン

©Disney

ディズニー・ハロウィーンの期間は?仮装が可能な日は?

今年は9月9日から10月31日まで、53日間の間開催されます。

9月9日から9月15日まで、10月25日から10月31日までの、最初と最後の1週間はフル仮装でのインパークが可能な日です。
普段は仮装は許可されていないのですが、このときだけは特別に全身仮装をすることができます!

ただし、仮装ならなんでもいいというわけではありません。
いくつかルールがあり、それを満たしている仮装のみ可能となっております。

以下にディズニー・ハロウィーンの注意事項を記載しているので、今一度再チェックをしておきましょう!


ディズニー・ハロウィーンの仮装ルールとは?

①仮装はディズニーキャラクターのみ!

当然ですが、ディズニーキャラクター以外の仮装はNGです。

以前は実写作品の仮装は基本的にNGでしたが、今年は実写映画も仮装の対象となっている作品が多いです。

NG仮装一例

・スパイダーマンなどマーベルのキャラクター

・ゲームの『キングダムハーツ』に登場するファイナルファンタジー作品のキャラクター

・パークのキャストへの仮装

パーク内では、キャラクターのイメージを損なうような言動は控えましょう!

②顔が隠れるマスク、メイクは基本的に禁止!

普段しているメイク以上の濃いメイク・派手なメイク・リアルなメイクや、顔が隠れてしまうようなメイク、お面などの着用は禁止です。

blue_man_group

NG仮装一例

・ジーニーの仮装をするために顔を青く塗る

・ゾンビ風プリンセスにしようとして、顔に大きな傷メイクや血のりを塗る

・ダース・ベイダーの仮装のために仮面を被る

おそらくここが一番厳しいところでしょう。

③小道具について

小道具の大きさは、上限が決められています。

その上限は、幅60cm×高さ50cm×奥行25cmのバッグ等に入るもののみ。

棒や杖などは禁止です。

その他、本物のナイフ、花火、モデルガンなどの危険物はもちろんNGです。

NG仮装一例

・魔法使いのキャラクターの仮装で長い杖を持ち歩く

・ハン・ソロに仮装をしてモデルガンを持ち歩く

④服装に関して

TDRの景観に合わない派手すぎる衣装や、露出の多い衣装は禁止です。

今流行りのヘソ出しの服もNGなので気をつけてください。

また、丈が長く地面を引きずる形になってしまうドレスもNG

ウケを狙っての全身タイツもダメです!

Portrait of jumping young people a backs on the beach

主な禁止事項は以上です。

仮装ではない部分だと、トイレでの着替えやメイクは他のゲストの迷惑になるのでやめましょう!

当然ですが、仮装期間以外での仮装はもちろんNG!ゲートで追い返されてしまうので注意!

その他、詳しいルールはディズニー・ハロウィーン特設ページにてご確認ください。

ルールを守って、ディズニー・ハロウィーンを楽しみましょう!

ハロウィン衣装の購入は以下のリンクから!

トップへ戻る