第56回オリエンタルランド株主総会まとめ

2016年6月29日に行われたOLC株主総会のまとめ。

18387198

USJの勢いに押され、前年度を上回っている数字はホテル事業のみという結果に。

  • 新規導入、閉鎖される施設は?

新エリアとして、アナと雪の女王が入る北欧エリア。シーのストームライダーとインディの間にある空き地の予定だったのがレイジングスピリッツ裏になり、ランドにしたほうが?という声も出てきており未だ未決定

新規アトラクションとして導入を検討しているのは、アメリカで大人気のソアリン。

ディズニーギャラリーは閉鎖し、ディズニーランドホテル内にあるビビディ・バビディ・ブティックの2店舗目が入る。
ディズニーギャラリーに代わるような施設の計画は無し。

  • クラブ33の会員になれるか?

現在は満員のため新規会員にはなれない。

  • 海外のゲストが増えているが、言語の配慮は?

言語環境は重要視しており、英語、中国語、韓国語、タイ語、インドネシア語のガイドマップを用意し、電話によるサービスやタブレットで翻訳をしながら対応。

  • キャストの質の低下、人件費増加について

スーパーバイザーの処遇を社員区分に移行、準社員(バイト)の時給引き上げに伴い、研修、OJTの強化。

  • フリーWi-Fiの導入は?

検討している。

  • キャラクターグリーティングの機会を増やせないか

登場キャラクターを増やし、ウエスタンランドにドナルドとデイジー、トゥーンタウンにミニーマウスのグリーティング施設を開設予定。

  • マーベルのアメコミ施設、キャラクターの導入は?

導入はない。

主だった点は以上になります。ディズニーギャラリーの閉鎖が正式に決まったことはショックです・・・

トップへ戻る